Top >  国際結婚と在留資格 >  在留届け−永住許可の目安

在留届け−永住許可の目安

永住許可には、入国管理法による要件以外にも、下記の事項がその目安となります。

永住許可審査の目安
@一般的には在留資格を保持し10年以上続けて日本に在留していること。
A「日本人、永住者、特別永住者の配偶者」などの在住資格を持つ人は、結婚後引き続き日本に3年以上在留していることが必要、もしくは引き続き日本に1年以上在留していること。
B日本人実子、特別養子については引き続き日本に1年以上在留していること。
C「定住者」については、定住者の資格を得た後に引き続き5年以上日本に在留していること。
D保有する在留資格の最長期限を取得して在留していること。日本人の配偶者の場合、その在留資格の最長期限である3年の滞在資格を取得していること。
E難民認定者、日本に貢献した者などは引き続き5年以上日本に在留していること。
F公衆衛生上、有害とならないこと。
G法定伝染病や麻薬・覚せい剤の中毒患者でないこと。

他にも個々の在留状況を判断して審査されます。
「日本人、永住者、特別永住者」の配偶者もしくは実子、養子については3が免除されます。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー