Top >  国際結婚と在留資格 >  在留届け−永住の許可

在留届け−永住の許可

在留期間が長く経過し今後も日本で生活しようとする場合、日本での生活基盤をより固めていくためには、永住の在留資格を持つことが今後の生活にも大きく影響してきます。一部社会保険の適用や住宅ローンの借り入れが容易になるなどのメリットもあります。また、永住の在留資格を持つと他の資格と違い期間の制限もなくなりますので、入国管理局で滞在期間更新の手続きをする必要もなくなります。日本人の配偶者である外国人にとってこの在留資格を得る一番大きなメリットは、日本人配偶者との死別や離婚した場合でも、在留資格の変更をする必要がなく、日本での安定した在留が続けられるということです。入国管理法による永住の許可には下記の要件があります。

永住許可要件
@素行が善良であること(前科や保護処分暦のないこと、税の滞納がないこと)
A独立の会計を営むに足る資産または技能を有すること(一般的な暮らしを維持できること)
Bその者の在住が日本国の利益に合致すること(法務大臣の裁量による)といった要件が必要です。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー