Top >  国際結婚と在留資格 >  日本人配偶者という在留資格の悪用

日本人配偶者という在留資格の悪用

日本人の配偶者となる外国人の在留資格は職業の選択も自由ですし、他の在留資格を持つ外国人と比較すると在留に際しての活動制限がなく、かなり有利なところがあります。昨今、その有利さを悪用し、偽装結婚をした上でそのビザを取得して日本に入国する、という在留資格を悪用する事例も多く見られるようです。法務省はその対策として入国管理局からの質問書を用意し、在留資格申請手続きの際に、日本人配偶者に対してその質問書に回答することを求めています。質問書では、正当な結婚であることを納得できる回答(出会いから結婚に至るまでの経緯)を書けるかどうかがポイントとなるようで、個人的なことにもかなり突っ込んだ内容となっております。

そのため、質問書に答える正当に国際結婚している人たちにとってはプライバシーの侵害とも受け取られることもあり、法務省に対しその方法から他の違う方法への改善を申し入れる動きもあるようです。偽装結婚を在留資格取得に利用することはもちろん論外であり、それを警戒し取り締まることは当然必要ですが、そうした事例に対する現在の入国管理局の質問書については、偽装結婚を利用した在留資格申請を未然に防ぐ審査上やむを得ない、この場合にはプライバシー権よりも公共の福祉が優先する、という意見もあるようです。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー