Top >  国際結婚と在留資格 >  外国人配偶者が既にほかの在留資格をもっている場合

外国人配偶者が既にほかの在留資格をもっている場合

外国人配偶者が他の資格で日本に滞在していて日本人配偶者と法的に婚姻した場合には、在留資格変更手続きで、この「日本人の配偶者等」へ資格変更することができます。その場合には、資格の変更の理由が生じた時から現在の在留期間満了日以前までの間に、居住する地域の地方入国管理局に必要書類を添えて申請します。

個人の状況によって提出書類が違いますので、事前に電話などで入国管理局に確認する必要があります。ただし、外国人配偶者が「短期滞在」の在留資格で日本に滞在し、その資格からの在留資格変更についてはやむをえない特別な事由が無い限り受け付けられないようです。「短期滞在」ビザを取得するのに申請した内容と相反する行為ですから虚偽申請と判断されることもあり、よほどのことがない限り認められません。

主な必要書類
@在留資格変更許可申請書
A外国人配偶者のパスポート
B外国人登録証明書
C日本人配偶者の戸籍謄本(その外国人配偶者との婚姻記載があるものもしくは婚姻届受理証明書
D日本人配偶者の住民票
E申請理由書(結婚に至った理由書)
F在職証明書および納税証明書G身元保証書Hその他、結婚式や家族写真のスナップなど

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー