Top >  国際結婚と在留資格 >  在留資格認定証明書の申請に必要な書類

在留資格認定証明書の申請に必要な書類

在留資格認定書の申請に必要な書類 

@在留資格認定証明書交付申請書(入国管搴ヌにある)

A日本人配偶者の戸籍謄本、婚姻届受理証明書

B住民票(取得3カ月以内のもの)

C日本人配偶者の履歴書

D日本人配偶者または両親の身元保証書

E申請者(外国人配偶者)またはその配偶者の職業および収入に関する証明書

a.職業証明書(在職証明書、納税証明書、雇用予定証明書などいずれか1つ)

b.年間の収入および納税額を証明するもの(源泉徴収票、住民税や所得税の納税証明書、確定申告書控、預金残高証明書のいずれか1つ)

F外国人配偶者の身分を証明するもの(パスポートのコピー、出生証明書、身分証明書、卒業証明書、経歴書など)

G申請者(外国人配偶者)の写真 2枚

H入国理由書(結婚する経緯も含む)

在留資格認定証明書の申請には、日本で法的に婚姻し実際に結婚生活が営まれていたかどうか、また今後も安定した生活を営んでいけることができるかを問われます。申請時に指定された書類の他に互いに交わした手紙類、結婚式や旅行、家族で撮った写真など結婚生活を証明できるものを多く用意しておいたほうがいいでしょう。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー