Top >  国際結婚の婚姻手続き >  日本の婚姻届記入

日本の婚姻届記入

婚姻届記入の際の外国人パートナーの注意点を挙げておきます。

1.姓と名前をきっちり区別しましょう。外国人の場合には名前が先にくる場合も多く記入の際には間違わないようにしましょう。またミドルネームのある人は、それを姓の一部とするか名前の一部に組み入れるかはいずれでもかまわないようです。

2.外国人の名前をアルファベットで記入することはできません。基本的に全てカタカナ(漢字で表記される国を除く)で記入します。婚姻届受理証明書や新戸籍にはカタカナ(漢字)でパートナーの名前が記録されます。

3.生年月日は外国人は西暦で記入します。

4.外国人の本籍欄にはその本国名のみを記入します。

5.署名は本人の自筆で、印鑑はない場合がほとんどなので代わりにサインで代用します。

6.成年2名の証人は親族や友人知人で、外国人でも日本人でも国籍は問いません。

国際結婚の婚姻手続き

国際結婚は、2人の国それぞれで手続きをする必要があり、両国の婚姻法に基づいた婚姻手続きを行なう必要があります。また、相手国によっては独身を証明する書類の扱いの違いで婚姻の受理に時間がかかることや、改宗の問題、重婚の問題などが生ずることもあり、それぞれの婚姻制度についてよく認識しておくことが必要です。

関連エントリー