Top >  国際結婚と戸籍 >  国際結婚における住民票登録

国際結婚における住民票登録

市区町村役所に国際結婚を届け出て、戸籍の記載が変更されることにより、住民票記載事項の変更も直ちに反映されます。結婚して新しく住所を定めた場合には、転居・転入届を出すことで、日本人については新しく住民票が作成・登録されます。しかしいずれの場合にも住民票には外国人配偶者は記載されません。住民票は日本国民だけをその登録対象としているからです。

ただし、外国人配偶者のことについて住民票への記載を望む場合には、役所に申請することで日本人の住民票の備考欄に氏名と世帯主(男女を問わず日本人配偶者)との続柄だけが記載されます。外国人配偶者が実質的な世帯主である場合には、備考欄に実質的な世帯主として記載されることになります。

ただし、備考欄に外国人配偶者のことが加筆されても、その住民票の写しは外国人配偶者の住所を公証するものではありません。従って、日本に在住する外国人は、市区町村役所にある外国人登録原票に外国人登録をすることにより、住民票の写しの必要のある手続きなどの場合に、その代用として「外国人登録証」や「外国人登録原票記載事項証明書」を使うことができます。

国際結婚と戸籍

国際結婚しても、相手の外国人には日本の戸籍や住民票は作成されません。また、日本人は結婚後も戸籍上の名前は変わりません。そのため、相手の外国姓を名乗ったり改姓するための手続きや、外国人と結婚した場合の戸籍や住民票の仕組みについて理解が必要です。

関連エントリー