Top >  国際結婚の婚姻手続き >  日本人の婚姻要件具備証明書(法務局)

日本人の婚姻要件具備証明書(法務局)

相手国である外国での婚姻に必要な婚姻要件具備証明書ですが、一般的には相手国の在外日本公館(大使館・領事館)で取得します。ところが、国によっては、在外日本公館で発行したものを認めず、日本での居住地を管轄する日本本国の地方法務局で発行されたもの(申請手続きは在外公館と同様)以外は受理しないところがあります。日本国内では法務局以外にも市区町村役所でも発行されますが、先のような国ではこれについても認めておりません。

そうした国では、その法務局で発行した婚姻要件具備証明書に日本の外務省での認証を要求するところもあります。さらに、それを当該国の在日公館(大使館領事部・領事館)でも認証することを必要とする国もあり、相手国によってはとても煩雑な手続きが必要です。そうすると、法務局、外務省、当該国の在日公館といくつもを回り、それぞれで即日手続きとはならないこともあり、申請、受領と足を運ばねばならず、時間も手間も結構かかります。

国際結婚の婚姻手続き

国際結婚は、2人の国それぞれで手続きをする必要があり、両国の婚姻法に基づいた婚姻手続きを行なう必要があります。また、相手国によっては独身を証明する書類の扱いの違いで婚姻の受理に時間がかかることや、改宗の問題、重婚の問題などが生ずることもあり、それぞれの婚姻制度についてよく認識しておくことが必要です。

関連エントリー