Top >  国際結婚の婚姻手続き >  在日公館での外交婚

在日公館での外交婚

パートナーの国の在日公館(大使館・領事館)に婚姻届をした後にその国が発行する結婚証明書の翻訳文を添えて、所定の書類とともに3カ月以内に日本の市区町村役所に届ける方法があり、それを外交婚と呼びます。ただし本国人同士の婚姻しか外交婚を認めず、日本人とその国のパートナーの日本での婚姻については日本の役所で婚姻受理後にしか届出を認めない国などがあり、外交婚が可能かどうか事前に相手国の在日公館に確認する必要があります。

可能であれば双方の必要書類や手順、料金などをも確認しておきましょう。そして、在日公館で必要書類の提出と相手国領事立会いの宣誓などで外交婚での婚姻が成立します。そのときに発行された婚姻証明書とその和文訳、婚姻届を日本の市区町村に3ヶ月以内に提出することで報告的婚姻届けとなり、日本での婚姻が成立します。

国際結婚の婚姻手続き

国際結婚は、2人の国それぞれで手続きをする必要があり、両国の婚姻法に基づいた婚姻手続きを行なう必要があります。また、相手国によっては独身を証明する書類の扱いの違いで婚姻の受理に時間がかかることや、改宗の問題、重婚の問題などが生ずることもあり、それぞれの婚姻制度についてよく認識しておくことが必要です。

関連エントリー