Top >  国際結婚の婚姻手続き >  婚姻届の受理照会−その流れと期間

婚姻届の受理照会−その流れと期間

婚姻届けを提出後、役所から地方法務局へ数日の間に受理照会が出されます。その後、地方法務局からカップルに対して聞き取り調査のための呼び出しがあります。聞き取り調査の時期についてはまちまちで、2週間後の人もいれば数ヶ月かかった人もいます。

婚姻届の受理照会.gif

そこでは、外国人パートナーが国際結婚においてその本国法に則った婚姻要件を満たしているか、本国での出身地や住所、家族のこと、宗教が改宗など婚姻に影響がある場合その状況、日本での職業などが聞かれます。個人的なプライバシーに関することは答える必要がありません。聞き取り調査やその後の受理決定のしらせがしばらく待っても来ないときには、法務局に対して連絡を取ってみましょう。

聞き取り調査はいつか?書類審査の状況は?受理までの期間は?など臆することなく問い合わせましょう。審査が終わると届け出た役所から婚姻届受理の連絡があり、これで正式に日本での婚姻が成立します。なお、受理の年月日は婚姻届を提出した日付になります。婚姻届受理証明書を役所で受け取りましょう。

国際結婚の婚姻手続き

国際結婚は、2人の国それぞれで手続きをする必要があり、両国の婚姻法に基づいた婚姻手続きを行なう必要があります。また、相手国によっては独身を証明する書類の扱いの違いで婚姻の受理に時間がかかることや、改宗の問題、重婚の問題などが生ずることもあり、それぞれの婚姻制度についてよく認識しておくことが必要です。

関連エントリー