Top >  国際結婚の婚姻手続き >  婚姻要件−申述書

婚姻要件−申述書

申述書とは、婚姻要件具備証明書もしくはそれに代わる婚姻要件を満たしていることを証明する書類が在日公館(大使館・領事館)から得ることが出来ない場合に、その具体的な理由と本国において婚姻要件を具備している旨を本人が書いて宣誓したものです。所定の書式に必要事項を記入するもの、日本人パートナーが代筆で作成するもの、外国人本人が作成したものに和文訳を添付したもの、など提出する市区町村役所によってその書式はそれぞれ異なります。以前は、戦後に日本国籍がなくなった朝鮮人や台湾人を対象としていましたが、現在では中国人、そして他の外国人にも認められることがあります。

国際結婚の婚姻手続き

国際結婚は、2人の国それぞれで手続きをする必要があり、両国の婚姻法に基づいた婚姻手続きを行なう必要があります。また、相手国によっては独身を証明する書類の扱いの違いで婚姻の受理に時間がかかることや、改宗の問題、重婚の問題などが生ずることもあり、それぞれの婚姻制度についてよく認識しておくことが必要です。

関連エントリー