Top >  国際結婚と在留資格 >  外国人登録の登録切替

外国人登録の登録切替

外国人登録をしている外国人は、外国人登録証明書が交付された日から5年目に、登録原票に記載されている事実の確認のために再申請をして、外国人登録証の切り替えをする必要があります。これは、その内容に何の変更事項がなくてもその手続きをする必要があり、切替の手続きは新規登録もしくは前回の切替の日から5回目(永住者や特別永住者は7回目)の誕生日より30日以内に申請します。必要書類は新規登録のときと同様で、その登録事項に記載されたことがその通りであるかどうかの確認がなされます。また、日本で滞在中に16歳になった人は、その日から30日以内に本人が自分でこの申請手続きをする必要があります

必要書類
@外国人登録確認申請書
A外国人登録証明書
Bパスポート
C写真2枚

この登録の切替は、役所に保管してある登録原票の内容を確認するための手続きですが、登録原票には備考欄があり、その外国人に法律違反や刑罰の履歴などがあれば、そうした個人的なことも記録されています。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー