Top >  国際結婚と在留資格 >  在留許可取得の手続の流れ

在留許可取得の手続の流れ

■在留特別許可取得の手続きの流れです。

@出頭の準備
(必要書類の準備、外国人登録、婚姻届)

A入国管理局へ出頭 
(自ら入管に出頭し、違反事実を申告、必要な書類の提出)  

B入国警備官による違反調査 →特別な場合、収容手続  
(滞在希望用陳述書への記入、指紋採取)

C違反調査期間
(事情聴取、入管による自宅訪問)

D仮放免許可手続
(仮放免)
 
E入国審査官による違反審査 
(違反認定 認定書交付)

F異議申し立て →異議なしの場合、退去強制処分
(口頭審理の請求) 

G特別審理官による口頭審理 
(違反判定、判定通知書交付)

H異議の申出 →異議なしの場合、退去強制処分
(法務大臣に対する申し出)

I法務大臣の裁決
(審理の上決定)

J在留特別許可
(在留資格取得)

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー