Top >  国際結婚と在留資格 >  在留特別許可申し立ての流れ(準備)

在留特別許可申し立ての流れ(準備)

1.書類
在留特別許可を得るための書類を用意します。書類の指定はありませんので、日本在留を続けるための理由を充分に説明できるように必要と思われるものはすべて用意します。

2.外国人登録
日本人の配偶者となる外国人がまだ外国人登録をしていないかその期限が切れている場合には、入国管理局に出頭する前に、市区町村役所でその手続きをします。日本に滞在する外国人は、その居住地の市区町村役所で外国人登録をしなければならないのです。登録手続きの際、滅多にありませんが、警察や入国管理局に通報される可能性がありますので、入国管理局へは自らで出頭することを伝えましょう。外国人登録の手続きは、不法在留で有効な在留資格がない場合には、役所から法務局へ受理照会という手続きに回りますので、外国人登録が完了するまでに1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。登録が完了したら外国人登録原票記載事項証明書を発行してもらいます。この書類は在留特別許可の手続きの際に必要となります。

3.婚姻手続
日本配偶者との婚姻手続きがまだの場合には、外国人登録をした後にやはり市区町村役所でその手続きをします。その後、外国人配偶者の本国の在外公館でも婚姻の手続きをします。婚姻手続きは通常の国際結婚手続きと同様ですが、役所により追加書類を要求されることがあり確認することが必要です。また、不法滞在となっている自国の国民に対し婚姻要件具備証明書やパスポートを発行しない在日公館もあり、その場合それに代わる書類を用意する必要があります。通常の国際結婚では、日本での婚姻手続きが完了すると、外国人配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格への変更ができるのですが、不法滞在の場合には婚姻が成立しても不法滞在の立場に変わりはなく、そうした在留資格が取得できるわけではありません。

これらの手続きが完了したら、入国管理局への出頭です。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー