Top >  国際結婚と在留資格 >  在留特別許可の申し立て

在留特別許可の申し立て

在留特別許可の申し立てを行うには、まず外国人自らが入国管理局に出頭することがそのスタートです。入国管理局に出頭したら、不法滞在していることを告げて、入国管理局による「強制退去の手続き」が始まります。「強制退去の手続き」というのは、これまでの不法滞在を調査して、入管法に違反した外国人を強制的に本国に帰国させる手続きです。その手続きの際に、「日本人の配偶者等の理由がありこのまま日本に在留したい」ということを嘆願することが、在留特別許可の申し立てとなります。

そこから、違反調査、違反審査、特別審理官による口答審理と各手続きを経て、不法滞在の事由に該当すると認定されて、本来なら本国への強制送還となります。そこで「日本に滞在したい」理由で異議申し立ての手続きをとって法務大臣の裁決を仰ぎ、それが許可されると在留が認められることになります。最初の出頭から法務大臣の裁決で在留特別許可が認められるまでに、通常はおおよそ半年から1年少しはかかります。

近年、在留特別許可を求める人が急増して、許可が認められるまでに1年以上かかることが相当多くなっており、場合によっては2年ほどかかることもあり、それぞれの事情や状況によってその差はあるようです。審査期間中は、結果が出るまで相当の忍耐が必要となります。その結果として、晴れて在留特別許可を認められたら、引き続き日本に在留し生活できることになります。もし、審査の結果「在留特別許可」を認めてもらえなければ本国へ強制送還されます。

国際結婚と在留資格

外国人が日本に入国するにはビザと在留資格が必要で、日本人と国際結婚した外国人には「日本人の配偶者」という在留資格が与えられます。在留資格には様々な種類があります。在留資格を取得、維持するための手続きや、資格を喪失してしまった場合の手続き、外国人登録手続きなど、外国人が日本に在留するには様々な手続きがあります。

関連エントリー